Home>ニュース・トピックス>プラスビジョンとNECフィールディングがコピーボード(電子黒板)のアフターサポートサービス領域で協業

ニュース・トピックス

プラスビジョンとNECフィールディングがコピーボード(電子黒板)のアフターサポートサービス領域で協業

2006/03/29

プラスビジョン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:福島眞一、以下プラスビジョン)とNECフィールディング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:富田克一、以下NECフィールディング)はこのたび、プラスビジョンが製造・販売するコピーボード(電子黒板)に関する各種問合せ対応業務および同商品の修理サービス業務をNECフィールディングが行うことで合意し、本年4月1日からそれら業務をNECフィールディングが実施することにいたしました。

このたびの協業は、プラスビジョンが企業会議室向けに販売するコピーボードに関する各種問合せ対応業務および修理サービス業務を、NECフィールディングが一括して行うことで、お客様の更なる満足度向上を目的としたものであります。NECフィールディングでは、ITIL(注1)の仕組みをベースとした問合せ対応を行うとともに、全国約400ヶ所のサービス拠点を活用した修理サービスを提供することにより、従来以上に迅速で高品質な同商品に対するアフターサポートサービスの提供を目指してまいります。

プラスビジョンのコピーボードは、国内シェアで40%強(注2)、感熱紙タイプに限ると50%以上(注3)のシェアを持つ商品です。同商品は、会議の際にコピーボードに記入した内容を、その場で印刷することや電子データとしてメモリカードやパソコンに取り込むことが可能であり、会議の効率化に欠かせないツールとして広く一般に普及しております。

プラスビジョンは、このたびの協業により、全国のお客様に対して均質でより高品質なアフターサポートサービスの提供が可能となり、同社のコピーボードの更なる拡販を目指してまいります。

一方、NECフィールディングでは、ITシステムの周辺領域に保守対象領域を拡大することで、お客様の情報インフラ全体をトータルにサポートする保守サービスを提供し、同社事業の更なる拡大を目指してまいります。

以上

注1) ITIL(IT Infrastructure Library)は、英国及び欧州連合各国における
英国政府OGC(Office of Government Commerce)の商標又は登録商標です。
ITILは、ITサービスマネジメントのベストプラクティス集です。
注2.3)社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)統計データよりプラスビジョン推定。

お問い合わせ先:

プラスビジョン株式会社
品質保証部 橋野
電話 :03-5953-5047
メール :uhashino@plus.co.jp

2006年度ニュースへ戻る