Home>ニュース・トピックス>USBメモリ対応コピーボード PLUS「M11シリーズ」を新発売

ニュース・トピックス

USBメモリ対応コピーボード PLUS「M11シリーズ」を新発売

2006/6/30

国内初※1 USBメモリ対応コピーボード PLUS 『 M-11シリーズ 』 を新発売
パソコンへのデータ取り込みがより進化、交換不要のLED光源も新採用

KISS-10/10WKISS-10/10W

コピーボード(電子黒板)のリーディングカンパニー※2であるプラスビジョン株式会社(本社:東京都稲城市、社長:福島眞一)は、USBポートを標準搭載(国内初※1)し、読み取り光源にLEDを新採用した普通紙出力タイプのコピーボード『M-11シリーズ』を2006年8月上旬からサイズ幅1,300㎜の「M-11S」より順次、全国一斉に発売いたします。

ボード面に書いた文字や図表を画像データとして、USBフラッシュメモリ※3(以下USBメモリ)へ保存したり、スキャナ感覚で直接パソコンに取り込むことができます。また、記録時の読み取り光源としてLEDを新たに採用。従来の光源に使用していた蛍光灯とは異なり、長寿命で一般的な使用では交換の必要がなく、立ち上がり時の光量も安定しているため、記録性能・品質が大幅に向上しています。
ボードサイズは1,300㎜幅と1,800㎜幅の2機種。スタンドとカラーインクジェットプリンタを搭載したセットタイプの場合、1,300㎜幅の「M-11SI」が193,200円(本体価格 184,000円)、
1,800㎜幅の「M-11WI」が214,200円(本体価格 204,000円)※4です。使用環境・目的に合わせて、
ボードサイズ、プリンタの有無、スタンド式または壁掛式などを選択することができます。
初年度の販売目標は、国内外合わせて15,000台を見込んでおります。

※1:2006年6月現在、当社調べ
※2:国内電子黒板全体では40%強のシェア(JBMIA 2005年1-12月統計より当社調べ
※3:USBポートに接続して使用する、持ち歩き可能なフラッシュメモリ
※4:配送費・施工費・設置費別。

主な特長

USBメモリ対応で、パソコンに楽々保存

※5:画像データはPNG形式で保存され、Internet Explorer 6.0以上、またはPNGファイル閲覧に対応しているWebブラウザで開くことができます。

USBケーブルでパソコンへ直接スキャン

コピーボード本体とパソコンをUSBケーブル接続することで、ボード1面分に書いた内容を一つの画像データとしてパソコンに取り込んで保存可能。データを多彩に活用できます。接続したパソコンからコピーボードの操作も可能です。

※付属の簡易画像ビューワソフト「PLUS Image Viewer」により、取り込んだ画像を幅広く活用することができます(保存形式はビットマップ、JPEG、TIFF、PNG)
※TWAINドライバの使用により、TWAIN対応の市販のグラフィックツールでも、ボード面に書いた内容を画像データとしてパソコンに取り込むことができます(全ての市販グラフィックツールの動作を保証するものではありません。画像保存フォーマットは使用のグラフィックツールに依存します)

LED光源を新採用

ボード本体内部の読み取り光源として、RGB3原色のLEDを新採用(写真右)。従来は蛍光灯や冷陰極管(CCFL)を使用していたため、読み取り時以外にも点灯状態にしていなければならず、光源の寿命が来た場合に交換が必要でした。
これに対しLEDは、長寿命、低消費電力に加え、点灯速度が速いという特性を備えているため、電源を入れると即点灯のクイックスタートを実現。光源交換のメンテナンスのわずらわしさも解消しています。また、読み取り品質も向上し、かすれた文字や図形でも記録できるようになりました。

プリント性能&品質の向上

操作パネルの「印刷ボタン」ひとつ押すだけで、読み取りと同時に印刷処理を開始※6。保存性にすぐれた普通紙への高速印刷を実現しています。プリンタは、カラー印刷可能なインクジェットタイプ、一度に大量に印刷する際に経済的でスピーディなモノクロレーザープリンタから選択できます。

※6:モノクロレーザープリンタは、読み取り処理終了後に印刷を開始します。

その他の特長

日付・時刻スタンプ機能

プリントアウトされた用紙には、右上に日付と時刻が印字され、議事録の確認・整理に役立ちます。(右図)

印刷・メモリ保存時の比率切り替え設定(「 M-11WI 」)

ワイドタイプの場合、横方向を縮めてA4用紙サイズいっぱいに記録します(A4フルサイズ)※7。ボード面のイメージ通り、描画図形と同じ縦横比で記録(等比サイズ)する設定へも切り替え可能です。

※7:例えば、正円は、縦方向に長い楕円として記録されます。

日本語表記操作パネル

英語に替わって日本語で操作方法を表記したパネルを初めて採用。さらに使いやすくなりました。


グリーン購入法適合

コピーボード本体フレームカバー、バックパネルに再生樹脂を10%以上使用したグリーン購入法適合商品です。

【製品名】 USB/普通紙対応コピーボード「M-11シリーズ」
【販売ルート】 全国の文具販売店、事務機器店
【販売目標】 初年度 15,000台(国内、海外の合計)

価格

タイプ 製品名 商品コード 税込価格 本体価格
カラー/モノクロプリントタイプ
(スタンド・インクジェットプリンタ付)
Sタイプ M-11SI 44-089 \193,200 \184,000
Wタイプ M-11WI 44-092 \214,200 \204,000
モノクロプリントタイプ
(スタンド・モノクロレーザープリンタ付)
Sタイプ M-11SL 44-090 \224,700 \214,000
Wタイプ M-11WL 44-105 \245,700 \234,000
コピーボード本体のみ
(壁掛け、プリンタなし)
Sタイプ M-11S 44-088 \151,200 \144,000
Wタイプ M-11W 44-091 \172,200 \164,000
スタンド M-11-T 44-067 \23,100 \22,000
インクジェットプリンタ 44-106 \18,900 \18,000
モノクロレーザープリンタ 44-178 \50,400 \48,000

仕様

タイプ Sタイプ(スタンダード) Wタイプ(ワイド)
設置方法 自立式(T字脚)または壁掛け
外形寸法(T字脚) W1470×D700×H1,970(Max)mm*1 W1970×D700×H1,970(Max)mm*1
重量 29kg (本体)、9.6kg(脚部) 33kg (本体)、9.6kg(脚部)
消費電力 待機時:7W以下、 電源ON時:7W、 読取時:40W (プリンタを除く)
筆記部 罫線:50mm方眼
ボード部 ボード面寸法 W1,300×H920mm W1,800×H920mm
読取有効
サイズ
W1,280×H900mm W1,780×H900mm
ボード面数 2面
ページ送り 1面/任意停止
ボード面
駆動方法
一方向エンドレス駆動方式(横スクロール)
インタフェース USB1.1またはUSB2.0 full-speedモード*2 :3ポート
{本体下面2ポート(Type A、Type B)、操作パネル下面1ポート(Type A)}
読取方式 CCDセンサ縮小光学系方式RGB LED*3
読み取り解像度 2.4dots/mm
プリンタ部 用紙 A4普通紙
印字解像度 約300dpi
プリント色 カラー/モノクロの切替選択
パソコン接続 対応OS Microsoft Windows 2000 Professional (SP4以上)/XP(SP2以上)の各日本語版
ファイル形式 PNG、BMP、JPEG、TIFF形式*4
メモリ保存部 種類 USBフラッシュメモリ*5
ファイル形式 PNG形式画像 および PNGファイルに関連付けられたHTMLファイル*6
保存データ色 カラー時:256色パレット、モノクロ時:16色パレットにて保存
使用条件 電源 AC100-240V 50/60Hz
温度 10℃~35℃
湿度 30~85% (無結露状態)
付属品 専用マーカー(黒・赤・青・緑4色セット)、専用イレーザー、スタビライザー(転倒防止用器具)、AC電源アダプタ(電源コード付 全長4m)、USB ケーブル(3m)1本、壁掛金具×4、取扱説明書、設置・組立説明書、クイックガイド、テスト印刷用記録紙5枚、CD-ROM(TWAINドライバ、イメージビューワソフト、セットアップユーティリティ、取扱説明書[PDF])、保証書(1年保証)

*1:1770、1870、1970mmの3段階に高さを調節できます
*2:USB2.0 High-speedには対応しておりません
*3:マーカー色および描画色によっては、正しい色調として読み取れない場合があります。必ず、弊社指定の専用マーカーを使用してください
*4:付属のイメージビューワソフトを使用した場合の保存形式です
*5:USBフラッシュメモリ(USBメモリ)は付属しておりません。ファイルフォーマット FAT12、16、32に対応しています。また、差し込んだUSBメモリのデータをボード板面への表示や、ボード本体と接続しているプリンタへの印刷はできません
*6:Internet Explorer 6.0以上、またはPNGファイル閲覧に対応しているWebブラウザで開きます。

市場環境

プラスビジョンは、コピーボード(電子黒板)のパイオニアとして、国内40パーセント強のシェアを維持しています。ここ数年は、ペーパーレス化にも対応した普通紙出力タイプの商品が主流で、環境対応にも配慮しています。商品の買い替え、買い増し需要により引き続き安定した需要が予測されています。

※JBMIA(社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 )の統計(2005/1-12月末)より当社調べ
※ Windows98SE, WindowsME, Windows2000 Professional(SP4), WindowsXP(SP2)は、Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標または商標です。

※本ページでご紹介している内容や仕様は発表当時のものです。

お問い合わせ先:

≪本資料に関するお問い合わせ先≫
プラスビジョン株式会社 広報担当 :開発企画部 和田 充弘
〒206-0811 東京都稲城市押立1033-1
Tel.042-370-8219  Fax.042-370-8224

≪お客様からのお問い合わせ先≫
プラスビジョンお問い合わせセンター
Tel. 0120-944-086   Fax.0120-331-859
受付時間/月~金9:00~17:30(年末年始、土日祝日、および弊社指定の休日を除きます)

2006年度ニュースへ戻る