Home>ニュース・トピックス>業界初のカラーバリエーション、新コンセプト・コピーボード 「F-20シリーズ」新発売

ニュース・トピックス

業界初のカラーバリエーション、新コンセプト・コピーボード 「F-20シリーズ」新発売

2011/10/18

トップイメージ

 コピーボード(電子黒板)の国内シェアNo1.メーカー※3であるプラス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:今泉公二)は、業界初※1の3色のカラーバリエーションを取り揃えたスタイリッシュなコピーボード「F-20 シリーズ」を2011年11月下旬に発売します。

 コピーボードは、ボードマーカーで板面シートに書いた内容を、シートをスクロールさせて内蔵の光学システムで読み取り、印刷、またデータとして保存、共有するクリエイティブ・コミュニケーションツールです。

 今回発売する「F-20 シリーズ」は、オフィス家具メーカーとしてのノウハウを活かした高いデザイン性がオフィス空間に躍動感をもたらし、働く人の感性・発想力を刺激することにより、新たな価値創造を促すことをコンセプトに開発されました。

 情報化の進展に伴い、個人の持つ情報量も飛躍的に増加しており、昨今、企業の成長のカギは、人々それぞれが持つアイデアや情報を効率的に集約し、新たな価値を産み出すことであると言われています。コピーボードは、メモを取らず、思考力を高めながら、板面シートに書き出したアイデアや情報をそのままに共有できるので、新たなプランをすばやくまとめあげる知的生産性の向上に最適なツールです。

 本製品は、2011年10月21日に発売となる最新機種「N-20シリーズ」の機能を搭載し、高いデザイン性とパフォーマンスの両立を実現しました。業界初※1のカラーバリエーションを取り揃え、オフィス 空間をより豊かに演出するカラーの選択によりワーカーのモチベーションを高め、新たなコミュニケーションの場を創造します。

 メーカー希望小売価格(税込)は、262,500円。販売目標は初年度3,000台(国内外)を見込んでいます。本製品は、従来の会議室はもちろん、デザイン性を重視するオフィスやショールーム、質感を求めるエグゼクティブルーム、また人々がコミュニケーションする様々な空間へ提案し、国内、海外ともにさらなる市場の創造と開拓、シェア拡大を目指します。

※1:2011年9月現在 当社調べ
※2:「F-20シリーズ」の"F"は、Furniture(家具)の頭文字で、家具テイストのデザインを意味します。
※3:国内電子黒板市場において約50%強のシェアを獲得しています(2011年度7月時点 JBMIA統計より当社調べ)。

主な製品特長

業界初※1のカラーバリエーション

選べる本体カラーは、ダークレッド、ダークブルー、ホワイトの3色です。 オフィス空間のアクセントとなりながらも、落ち着いた色合いで様々なスペースにマッチします。上質、かつ個性ある家具テイストのデザインは、人々のコミュニケーションを促す空間を演出します。

カラーバリエーション

簡単ワンタッチ操作で板書内容を印刷・データ保存

板書内容の印刷、またUSBフラッシュメモリ、パソコンへのデータ取り込みは本体操作パネルをワンタッチするだけの簡単操作。パソコンはUSBケーブルでボードと接続すると、ボード内蔵メモリをリムーバブル・ディスクとして認識するので、OSに依存しない動作環境と専用ドライバのインストールを不要にした利便性を実現しました。

*プリンタが別途必要になります。

すばやい情報共有を可能にするネットワーク機能

ボードにLANケーブルを接続し、板書内容をネットワーク経由で共有することができます。本体操作パネルの「ネットワークボタン」を押すと、板書内容はボード内蔵のWEBサーバーにデータとして保存され、各自のパソコンからブラウザ経由で内容を確認、ダウンロードできます。IDとパスワードの設定によりアクセス権の制限もでき、より高いセキュリティを求める企業ではFTPサーバーへの保存設定も可能です。

ネットワーク機能イメージ

省エネ・節電に配慮した業界No.1※1の低消費電力

新設計の省電力化技術により消費電力を従来モデルの動作時40Wから12Wに、待機時5Wから3W以下に抑え、企業の省エネ・節電に貢献します。1台当たりの年間消費電力量*に換算すると、従来モデルより約44%の削減が可能です。

*測定条件:1日1時間3回の会議を開催。1回当たり2面分の読み取りをするとして測定。

1台あたりの年間消費電力量の比較

業界最短※1カラー読み取り時間*

板面シートの読み取りにかかる時間を従来モデルの23秒から15秒に短縮しました。すばやい情報共有に有効です。

*読み取り時間:印刷または保存ボタンを押してから、板面1面分のカラースキャン完了までの時間。

業界No. 1※1の静音設計

読み取り時の音量が従来モデルの50㏈から43㏈以下*へ大幅に低減しました。これまでにない業界No.1※1の静音設計により、動作音を気にすることなくコミュニケーションに集中できます。

*測定値は自社計測による。

参考:平均的な音の大きさの目安は、50㏈で静かな事務所、40㏈で図書館となります。

手で軽く動かせる2面エンドレスシート

新設計の2面エンドレスシートは、一般的な電動スクロールシートや板面を回転させるホワイトボードと比べ、簡単に手でスライドさせることができるので、集中したコミュニケーションでもワーカーの思考が途切れることなく、両面に書かれた内容をすばやく確認できます。

その他の製品特長

低床式スタンドキャスターで移動も可能

低床式キャスター

スタンドにはデザイン性を保つ低床式キャスターを採用。必要に応じてボード本体の移動も可能です。

マグネット対応

USBポートは抜き挿ししやすい前面配置

新設計の板面にはマグネットを貼付でき、資料の掲示を行うことができます*

*マグネットをつけたまま板面シートのスクロール、また読み取りを行うことはできません。

プリンタ専用ワゴン(オプション)

オプション・プリンタを設置するためのプリンタ専用ワゴンもブラックとホワイトの2色を取り揃えています。オフィス空間に合わせて選ぶことが可能です。

マグネット対応

製 品 名 PLUSコピーボード「F-20 シリーズ」
発 売 日 2011年11月下旬
メーカー希望小売価格 262,500円(税込)
販売ルート  全国の文具販売店、事務機器店
販売目標 初年度3,000台 (国内外)

仕様

コピーボード F-20シリーズ
タイプ F-20
本体カラー ダークレッド/ダークブルー/ホワイト
外形寸法 W1480 x D640 x H1843mm*1
本体質量 56kg
ボード ボード面サイズ W1300 x H910mm
読取有効サイズ W1280 x H900mm
ボード面数 2面
ページ送り 両方向エンドレス(横スクロール)
駆動方式 シート移動式
読取方式 CIS(Contact Image Sensor)
読取照明光源 RGB LED
読取解像度 主走査方向(ボード面 縦)1.92dots/mm(50dpi 相当)
副走査方向(ボード面 横)1.92dots/mm(50dpi 相当)
プリンタ*2 記録紙サイズ A4、レターサイズ
記録色 カラー/モノクロ選択(16色カラーまたはグレイスケール)
印字解像度 300dpi 相当
プリンタインターフェイス USB2.0標準
パソコン接続 インターフェイス USB経由での画像取得、および機器設定が可能
(ブラウザ対応)
ファイル形式 PNG、PDF、JPEG
メモリ保存 外部メモリ USBフラッシュメモリ*3
ファイルフォーマット FAT16、32
インターフェイス USB1.1 またはUSB2.0
イメージ解像度 標準:864 x 1248 ピクセル
高解像度:1728 x 2496 ピクセル
画像ファイル容量 約200KB
ファイル形式 PNG、PDF、JPEG
ネットワーク LANポート RJ-45(10Base-T/100Base-TX)
消費電力 待機時:3W、動作時:12W(プリンタを除く)
使用条件 電源 入力:AC100‐240V / 47‐63Hz 最大1.5A
出力:DC 12V, 3.0A
温度 10℃~35℃
湿度 30~85%(ただし、無結露状態)
対応OS
(リムーバブル・ディスクとして認識する場合)
Windows XP / Windows Vista / Windows 7
Mac OS X 10.5以上
WEBブラウザ Internet Explore 8.0以上
Safari 5以上
*JavaScriptを有効にしてください。
付属品 専用マーカー(黒・赤・青・緑)、
専用イレーザー、
AC電源アダプタ
(電源コード0.5m付、ACアダプタ側コード1.8m)、
3口電源タップ(3m)、
USBケーブル(3m)、
テスト印刷用紙(5枚)、
取扱説明書、
設置・組立説明書、
保証書(1年保証)

*1 本製品に高さ調整機能はありません。
*2 プリンタはオプションになります。
*3 USBフラッシュメモリは付属しておりません。記憶容量が32GB以下に対応。

使用シーン・イメージ

使用シーン・イメージ
使用シーン・イメージ

オプション品一覧

製品名 メーカー希望小売価格(税込み)
プリンタワゴンYY-054PR(ホワイト) \6,930
プリンタワゴンYY-054PR(ブラック) \6,930
カラープリンタPX-203 \18,900
モノクロプリンタHL-2240D \50,400

※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先:

≪報道関係≫
プラス株式会社 秘書部 広報室 藤原
〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
TEL:03-5860-7012  FAX:03-5860-7070

プラス株式会社 ステーショナリーカンパニー
ビジョン事業本部営業部 営業企画室 井口(いのくち)
〒206-0811 東京都稲城市押立1033-1
TEL:.042-370-8219 / FAX:042-370-8226

広報事務局
TEL:03-5251-4779 / FAX:03-3504-8651

≪お客様からのお問い合わせ先≫
お問い合わせセンター
Tel. 0120-944-086
受付時間/月~金9:00~17:30(年末年始、土日祝日、および弊社指定の休日を除きます)

戻る2011年度ニュースへ戻る