Home>ニュース・トピックス>軽く手送りできる4面スクロールシート搭載!PLUS コピーボード「N-204シリーズ」新発売

ニュース・トピックス

軽く手送りできる4面スクロールシート搭載!PLUS コピーボード「N-204シリーズ」新発売

2011/11/17

マーカーの板書内容を印刷・データ保存する「コピーボード」の最上位機種。PLUS コピーボード「N-204シリーズ」新発売
4面スクロールシートだからたっぷり書き込め、軽く手送りできて議論のプロセスを視覚化

 コピーボード(電子黒板)の国内シェアNo1.メーカー※1であるプラス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉公二)は、ネットワークに対応し、4面スクロールシートを搭載したコピーボードの最上位機種「N-204シリーズ」を2011年12月下旬に発売します。

 「コピーボード」は、ボードマーカーで板面シートに書いた内容を、シートをスクロールさせて内蔵の光学システムで読み取り、印刷、またデータとして保存できるビジネスツールです。ワーカーのアイデアや情報を板面シートに書き出しながらすばやくまとめあげることができ、さらにその内容を即座に共有できるので、企業の競争力の源となる新たな価値創造を促す知的生産ツールとして最適です。

 今回発売する「N-204シリーズ」は、4面スクロールシートを搭載。一般的な片面タイプのホワイトボードと比べ4倍の情報を書き込むことができるので、その都度消すことなく議論を進めることができます。さらに、板面シートは両方向に軽く手送りできる新設計なので、各板面の内容をすばやく振り返り、確認することが可能。思考を途切れさせることなく、会議の生産性が大きく向上します。

 新搭載のネットワーク機能は、板書内容をワンタッチでボード内蔵のWEBサーバーに保存。ネットワーク経由で各自のパソコンから内容の閲覧、ダウンロードができるので、よりすばやい情報共有が可能です。また従来のUSBメモリ、パソコンへの保存や印刷もできます。

 これらの新しい機能に加え、エコ・節電対策、ソフトウェアの内蔵化、静音化対応、読み取り速度の向上など、あらゆる観点からユーザーの利便性を追求した「N-204シリーズ」は、コピーボードの集大成モデルとして、コンサルティングや開発などを中心としたビジネスユーザーに提案し、国内、海外ともにさらなる市場の創造、シェア拡大を目指します。

 メーカー希望小売価格(税込)は、本体のみ240,450円、カラー/モノクロプリントセット(本体+スタンド+対象プリンター)が282,450円。販売目標は初年度3,000台(国内外)を見込んでいます。

※1 国内電子黒板市場において、約50%強のシェアを獲得しています(2011年度7月時点 JBMIA統計より当社調べ)

主な製品特長

手で軽く動かせる4面スクロールシート

4面スクロールシートは、一般的な電動スクロールシートや板面を回転させるホワイトボードと比べ、簡単に手でスライドできるので、各板面の内容をすばやく確認でき、集中したコミュニケーションでもワーカーの思考が途切れません。読取センサーに新方式を採用したことで、4面シートを内蔵しながら薄型設計を実現しました(板面幅:118mm)。

スクロールシート

業界初※2のサムネール印刷機能

2面、または4面分の板書内容を1枚の用紙に印刷できるサムネール機能を搭載。板書内容の一覧性を高めるとともに、印刷用紙の削減によりコストダウンに貢献します。

サムネール機能

すばやい情報共有を可能にするネットワーク機能

ボードにLANケーブルを接続し、板書内容をネットワーク経由で共有することができます。本体操作パネルの「ネットワークボタン」を押すと、板書内容はボード内蔵のWEBサーバーにデータとして保存され、各自のパソコンからブラウザ経由で内容を閲覧、ダウンロードできます。IDとパスワードの設定によりアクセス権の制限もでき、より高いセキュリティを求める企業ではFTPサーバーへの保存設定も可能です。

Evernote転送イメージ

エコ・節電に配慮した業界No.1※2の低消費電力

1台あたりの年間総消費電力量の比較グラフ

新設計の省電力化技術により消費電力を従来モデルの動作時40Wから12Wに、待機時5Wから3W以下に抑え、オフィスや工場の省エネ・節電に貢献します。1台当たりの年間消費電力量に換算すると、従来モデルより約44%の削減が可能です。

*測定条件:1日1時間3回の会議を開催。1回あたり2面分の読み取りをする。
※2 2011年11月現在、カラープリントモデル対象にて当社調べ

専用ドライバ不要でパソコンへの保存が可能

パソコンをUSBケーブルでボードに接続すると、ボード内蔵メモリがリムーバブル・ディスクとして認識されるので、専用ドライバのインストール不要でOSを問わず板書内容の保存ができます。

その他の製品特長

業界最短※2カラー読み取り時間

板面シート1面あたりの読み取りにかかる時間を、従来モデルの23秒から15秒に短縮しました。すばやい情報共有に有効です。

*読み取り時間:印刷または保存ボタンを押してから、板面1面分のカラースキャン完了までの時間。

業界No. 1※2の静音設計

読み取り時の音量が従来モデルの50㏈から43㏈以下へ大幅に低減しました。これまでにない業界No.1※2の静音設計により、動作音を気にすることなくコミュニケーションに集中できます。

*測定値は自社計測による。
参考:平均的な音の大きさの目安は、50㏈で静かな事務所、40㏈で図書館となります。

座ったまま書き込み・操作ができる高さ調節機能

高さ調節(イメージ)

ボードの高さは3段階(1,647、1,747、1,847mm)に調節が可能。新たに追加した1,647mmの高さなら、椅子に座ったままリラックスした状態で書き込み・操作ができるので、アイデアが生まれやすくなります。

マグネット対応

マグネット

新設計の板面にはマグネットを貼付でき、資料の掲示を行うことができます。

*マグネットをつけたまま板面シートのスクロール、また読み取りを行うことはできません。

製 品 名 PLUSコピーボード「N-204シリーズ」
発 売 日 2011年12月下旬
販売ルート 全国の文具販売店、事務機器店
販売目標 初年度3,000台(国内外)
組み合わせ セットパターン メーカー希望小売価格(税込)
N-204(本体のみ) 240,450円
スタンドセット(本体+スタンド) 261,450円
カラー/モノクロプリントセット
(本体+スタンド+対象プリンター)
282,450円
モノクロレーザープリントセット
(本体+スタンド+対象プリンター)
313,950円

仕様

コピーボード N-204シリーズ
タイプ N-204
内容 N-204本体、T字脚スタンド、
カラー/モノクロプリントセット
外形寸法(T字脚付き)*1 W1480 x D675 x H1847mm*2
本体質量(プリンタを除く) 38.5kg
ボード ボード面サイズ W1300 x H910mm
読取有効サイズ W1280 x H900mm
ボード面数 4面
ページ送り 両方向エンドレス(横スクロール)
駆動方式 シート移動式
読取方式 CIS(Contact Image Sensor)
読取照明光源 RGB LED
読取解像度 主走査方向(ボード面 縦)1.92dots/mm(50dpi 相当)
副走査方向(ボード面 横)1.92dots/mm(50dpi 相当)
読取時間 モノクロ 約15秒
カラー 約15秒
プリンタ 記録紙サイズ A4、レターサイズの切替選択
記録色 カラー/モノクロ選択(16色カラーまたはグレイスケール)
印字解像度 300dpi 相当
パソコン接続 インターフェイス USB経由での画像取得、および機器設定が可能(ブラウザ対応)
ファイル形式 PNG、PDF、JPEG
メモリ保存 外部メモリ USBメモリ*3
ファイルフォーマット FAT16、32
インターフェイス USB1.1 またはUSB2.0
イメージ解像度 標準:864 x 1248 ピクセル
高解像度:1728 x 2496 ピクセル
画像ファイル容量 約200KB
ファイル形式 PNG、PDF、JPEG
ネットワーク LANポート RJ-45(10Base-T/100Base-TX)
消費電力 待機時:3W、動作時:12W(プリンタを除く)
使用条件 電源 入力:AC100‐240V / 47‐63Hz 最大0.75A
出力:DC 12V, 3.0A
温度 10℃~35℃
湿度 30~85%(ただし、無結露状態)
対応OS(リムーバブル・ディスクとして認識する場合) Windows XP / Windows Vista / Windows 7
Mac OS X 10.5以上
WEBブラウザ Internet Explorer 8.0以上
Safari 5以上
*JavaScriptを有効にしてください。
付属品 専用マーカー(黒・赤・青・緑)、
専用イレーザー、
AC電源アダプタ(電源コード0.5m付、全長2.5m)、
3口電源タップ(3m)、
USBケーブル(3m)、
テスト印刷用紙(5枚)、
取扱説明書、
保証書(1年保証)

*1 T字脚を使って設置する場合、1647、1747、1847mmの3段階に高さ調節ができます。
*2 H(高さ)は最大値の寸法を記載しています。
*3 USBメモリは付属しておりません。記憶容量が32GB以下に対応。

※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先:

≪報道関係≫
プラス株式会社 秘書部 広報室 藤原
〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
TEL:03-5860-7012  FAX:03-5860-7070

プラス株式会社 ステーショナリーカンパニー
ビジョン事業本部 営業統括部 営業企画室 井口(いのくち)
〒206-0811 東京都稲城市押立1033-1
TEL:.042-370-8219 / FAX:042-370-8226

広報事務局
TEL:03-5251-4779 / FAX:03-3504-8651

≪お客様からのお問い合わせ先≫
お問い合わせセンター
Tel. 0120-944-086
受付時間/月~金9:00~17:30(年末年始、土日祝日、および弊社指定の休日を除きます)

2011年度ニュースへ戻る