Home>ニュース・トピックス>大人の個性を演出するレーザーポインタ「プレミアムライン」シリーズ新発売

ニュース・トピックス

大人の個性を演出するレーザーポインタ「プレミアムライン」シリーズ新発売

2013/12/10

レーザーポインター「プレミアムライン」新発売

プラス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉公二)は、プレゼンテーションをスタイリッシュに彩るレーザーポインタの新シリーズ「プレミアムライン」を2014年1月に発売します。

今回発売する「プレミアムライン」シリーズは、無機質になりがちなレーザーポインタにスタイリッシュなデザイン性と高級筆記具のような質感をプラス。ビジネスシーンに違和感なく溶け込み、さりげなく大人の個性を演出できるラインアップを揃えました。表面はツヤと深みのある全光沢仕上げ、照射口にはダイヤカット加工によるシルバーのラインで精緻感を表現しています。

赤色光(ドット)タイプには波長650nm(ナノメートル)モデルより約2倍明るく感じる635nmのダイオードを採用。女性にもお勧めの明るいネイビー、ピンク、ホワイトを揃えた「PL-R110」は、全長を短くコンパクトにするため単4形アルカリ乾電池1本で使用できるようにしました。ポケットサイズなので手のひらにしっくりとなじみます。

単4形アルカリ乾電池2本で約20時間照射できる「PL-R120」(赤色光タイプ)はより重厚感のあるスタイリッシュなフォルムでブラック、レッド、ホワイトの3色をラインアップ。リーダーシップや力強さをイメージしました。

波長650nmの赤色光モデルより約8倍明るく見えやすいグリーンレーザーを使用した「PL-G120」には上質感のあるメタリック塗装を採用。色はガンメタリックとパールホワイトの2色です。

メーカー希望小売価格(税抜)は、PL-R110(赤色光タイプ)が5,000円、PL-R120(赤色光タイプ)が6,000円、PL-G120(緑色光タイプ)が16,000円です。販売目標は初年度20,000本(国内のみ)を見込んでいます。

主な製品特長

■個性を主張できるスタイリッシュなデザイン

■上質感のある全光沢仕上げとダイヤカット加工処理

■選べる3モデルとカラーバリエーション

製品名 PLUSレーザーポインタ「プレミアムライン」
発売日 2014年1月
販売ルート 全国の文具販売店、事務機器店
販売目標   初年度20,000本 (国内のみ)

メーカー希望小売価格

モデル名 メーカー希望小売価格(税別)
ネイビー / ピンク / ホワイト
PL-R110BL/PL-R110PK/PL-R110WH
5,000円
ブラック / レッド / ホワイト
PL-R120BK/PL-R120RD/PL-R120WH
6,000円
ガンメタリック / パールホワイト
PL-G120BK/PL-G120WH
16,000円

仕様

種類 高輝度赤色光(ドット) 高輝度赤色光(ドット) 緑色光(ドット)
品番 PL-R110 PL-R120 PL-G120
出力 1mW(クラス2) 1mW(クラス2) 1mW(クラス2)
発光部 半導体
レーザーダイオード
半導体
レーザーダイオード
DPSSレーザー
波長 高輝度635nm(赤色光) 高輝度635nm(赤色光) 532nm(緑色光)
ビーム形状 ドット照射:直径約8mm※1
(10m照射位置にて計測)
ドット照射:直径約8mm※1
(10m照射位置にて計測)
ドット照射:直径約10mm※1
(10m照射位置にて計測)
使用電池 単4乾電池1本 単4乾電池2本 単4乾電池2本
電池寿命(連続使用時) 約5時間(アルカリ電池使用時) 約20時間(アルカリ電池使用時) 約3時間(アルカリ電池使用時)
外形寸法 W120×φ14mm
(突起部除く)
W136×φ14mm
(突起部除く)
W155×φ14mm
(突起部除く)
重量 約60g(電池含む) 約71g(電池含む) 約82g(電池含む)
材質 真鍮 真鍮 真鍮
備考 夜間到達距離 100m 夜間到達距離 100m 夜間到達距離 100m
  • ※110m照射位置にて、ドット形状の長辺を測定。

※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

報道関係

プラス株式会社 コーポレート本部 経営企画部門 広報担当 藤原
〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
TEL:03-5860-7012  FAX:03-5860-7070

広報事務局
TEL:03-5251-4779  FAX:03-3504-8651

お客様

ビジョンカスタマーセンター TEL:0120-944-086

2013年度ニュースへ戻る