Home>ニュース・トピックス>「教育ITソリューションEXPO 2015」出展のお知らせ

ニュース・トピックス

「教育ITソリューションEXPO 2015」出展のお知らせ

2015/05/14

世界初※1のシート型電子黒板の最新モデル「UPIC 2」を展示

タブレット連携アプリが新たにiOSにも対応

プラス 「教育ITソリューションEXPO 2015」に出展

プラス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉公二)は、5月20日(水)から22日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「教育ITソリューションEXPO 2015」に、世界初※1の“シート型”ワイヤレス電子黒板「UPIC(ユーピック)」シリーズの最新モデル「UPIC 2(ユーピック ツー)」を出展いたします。(小間番号7-41)

文部科学省が「小中学校で1学級あたり1台の導入」を推奨している「電子黒板」。2015年1月に発売した「UPIC 2」は、これまでの電子黒板になかった貼るだけの簡単セッティングや優れた筆記性能など、小中学校の教育シーンに対応した多様な機能が教育現場で高い評価を獲得しています。

今回は「UPIC 2」のタブレット連携アプリのiOS対応バージョン(7月上旬より配信予定)を展示いたします。これにより、教育現場で導入が進むほとんどのタブレット端末でご使用いただけるようになります。

「UPIC 2」の主な特長

低予算で導入可能、黒板に貼れる電子黒板
コンパクトに丸めて持ち運べるシート型で、設置は黒板やホワイトボード、スチールの壁面にマグネットで簡単に貼り付けるだけ。配線の煩わしさも解消しました。投影するプロジェクタの機種を選ばないため、既存の機材を活用しすぐに電子黒板を利用できます。また本格的な機能を備えながら、56インチのシートサイズで10万円を切る価格を実現しています※3

「アノト方式」のペンで抜群の書き味を実現
シート表面に施されたドットパターンをペン先のカメラが直に読み取るため外光や影の影響を受けにくく、細かな漢字もマーカーやチョークと変わらない抜群の書き味が体感いただけます。

タブレットとの連動で双方向からの書き込みなどマルチ機能を発揮
タブレット端末と連動させれば、先生と生徒による双方向からの書き込みも可能。録画、大型・ワイド画面への投影など、授業の幅を格段に広げるマルチ機能を発揮します。

  • ※1当社調べ
  • ※27月上旬からApp Storeにて無償配信予定
  • ※3メーカー希望小売価格:98,000~168,000円(税抜)
    マグネットシートタイプは56、78、84インチ、ケース一体型は72インチの4サイズ展開

その他の出展製品

世界初※1のLED光源プレゼンポインタ 「PLUS LEDポインタ」、デジタルサイネージ 「PLUS いますぐサイネージ」、大型ディスプレイスタンド(参考出品)ほかを出展します。

  • *製品詳細はビジョン事業部ホームページ(www.plus-vision.com/jp/product/upic/upic2/index.html)をご参照ください。
  • *文中の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
  • *本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

報道関係

プラス株式会社 コーポレート本部 経営企画部門 広報担当 藤原
〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
TEL:03-5860-7012  FAX:03-5860-7070

広報事務局
TEL:03-5251-4779  FAX:03-3504-8651

お客様

ビジョンカスタマーセンター TEL:0120-944-086

2015年度ニュースへ戻る