Home>製品情報>会議ポケット

会議ポケット iOS版
ANDROID版はこちらから
会議ポケット紹介movie
コピーボード一覧

専用アプリ無料ダウンロード

AppStoreへ

コピーボードをリモート操作するには、別途、無線LAN機器(アクセスポイント)が必要です。

主な製品特徴

コピーボード・リモート機能

本アプリにはコピーボードのリモコン機能を搭載。シート送りと板書スキャンをボード本体の操作パネルを使用することなく、離れた場所から実行できます。

鮮明な板書データをスマートフォンに簡単送信

ワンタッチでコピーボードの板書内容をスキャンし、スマートフォンに転送可能。ホワイトボードをデジカメで撮影した際などに生じる蛍光灯の映り込みもなく、コントラストの補正とホワイトバランスの調整が自動的に処理されるので、文字や図などの細やかな板書内容も鮮明なイメージファイルとして保存、確認できます。ファイル容量も約200KBと軽いため、スマートフォンから手軽にメールやEvernoteなどのクラウドサービスに転送でき、会議に参加していないメンバーと共有したり、外出先から確認することも可能です。

どこからでも会議の内容を確認、クラウドサービスへの転送機能

本アプリで保存した板書内容のイメージファイル、画像、音声、動画ファイルはワンタッチでクラウドサービス(Evernote、Dropbox)に転送が可能です。 どこからでも情報を共有・確認できるので、会議後のメンバーの機動力が向上します。

EVERNOTE

議論のポイントをしっかり記録、「タイムシフト録音機能」

タイムシフト録音機能

会議中に「タイムシフト録音機能」を起動させ、残しておきたい発言があったときに「クリップボタン」を押すと60秒前からその時点までの音声を切り取って保存できます。会議中の議論を全て録音することなく、議論のポイントだけを効率的に保存できます。

会議の記録をすっきり管理

本アプリで記録したコピーボード板書内容のイメージファイル、画像、音声、動画ファイルはまとめて管理可能。内容を振り返りたい時にすばやく確認できます。

  • iPhone、iPod touch、iPad はアップル社の商標または登録商標です。
  • Android およびAndroid ロゴ、Google Play は、Google Inc. の商標または登録商標です。
  • Evernote は、米国Evernote Corporation の商標または登録商標です。
  • Dropbox は、米国Dropbox, Inc. の商標または登録商標です。
ソーシャルメディア更新アカウント
twitter
TOPに戻る