Home>製品情報>PASHABO パシャボ>アプリ機能一覧

スマホ対応ホワイトボード。パシャボ
スマホ対応ホワイトボード「パシャボ」を動画でご紹介
ホワイトボード

アプリ機能一覧

専用アプリ無料ダウンロード

AppStoreへ

iOS4.3以上に対応

Google PLAY

Android2.3以上に対応

トップ画面

① 設定ボタン 設定画面を開きます。
※以下の設定が可能です。
・ 「揺れが止まったら撮影」スイッチのオン/オフ設定
・「Evernote」や「Dropbox」のアカウント設定
② 編集ボタン フォルダの削除や編集ができます。(フォルダの編集とは、フォルダ名や色の変更です。)
③ カメラロール/ギャラリーボタン カメラロールまたはギャラリーから画像を読み込みます。デジカメなどの他のデバイスで撮影したパシャボの画像もカメラロール/ギャラリーから読み込んで補正することが可能です。(撮影したデバイスの解像度によっては、鮮明な補正結果が得られない場合があります)

※「パシャボ」アプリで補正後のデータをメールで受け取った場合は、カメラロール/ギャラリー経由で自分のアプリ内に読み込むことができます。
④ カメラボタン ホワイトボード「パシャボ」を撮影するモードに移行します。
⑤ 検索ボタン フォルダ名や重要度、撮影日などによる検索ができます。

※ファイルに「タイトル」や「日付」を入力した場合は、その情報から検索することも可能です。
⑥ フォルダ フォルダにはデータファイルが保存されています。初めて保存する時に「新規フォルダへ」をタップし、フォルダを作成します。
フォルダ上には保存されているファイル数が数字で表示されます。フォルダアイコンをタップするとファイル一覧画面が表示されます。

ファイル一覧画面

① 表示一覧 フォルダ内の表示は、「テンプレート一覧」と「サムネイル一覧」を横フリックで切り替えられます。ファイルをタップすると詳細画面を表示します。
※Androidの場合はタブにタップして切り替えます。
② 編集ボタン ファイルを複数選択して共有アクションをしたり、削除したりできます。また選択したファイルを他のフォルダに移動することもできます。(移動時にフォルダを新規作成することも可能です。)
③ 戻るボタン タップするとトップ画面に戻ります。

ファイル詳細画面

① 共有ボタン ファイルのメール送信やEvernote、Dropboxへの転送、カメラロールへの保存ができます。
※iOSのAirPrint機能を使って印刷することも可能です。
② 戻るボタン タップするとファイル一覧画面に戻ります。
③ テンプレート表示 テンプレートシートを使用する場合、保存時に切り出した項目を一覧表示します。
④ プレビュー画面 ピンチ操作で画像の拡大・縮小ができます。同一のフォルダ内に複数のファイルが保存されている場合は、iOSでは横フリック、Androidではタップで閲覧することができます。
⑤ ファイル情報 「タイトル」と「日付」欄は保存時点では空白です。タップして入力が可能です。
「重要度」はテンプレートシートでチェックを入れた☆の数が表示されます。(タップして重要度を変更することができます。テンプレートシートを使用しない場合でもここで重要度の設定が可能です。) 撮影日の変更はできません。

撮影モード画面

① ボードタイプ 設定されているホワイトボードのタイプが表示されます。(表示されているホワイトボードのタイプに合わせてフレーム認識が行われます。)
※初めてアプリを使用する場合、撮影するホワイトボードのタイプを登録します(ボードタイプはホワイトボード右上に表示されている4ケタの数字です)。
新しくボードタイプを登録する場合は「ボード選択ボタン」をタップして設定します。
② ボード選択ボタン 撮影するホワイトボードのタイプ番号が変更できます。すでに番号を登録済みの場合は一覧からタイプ選択が可能です。
③ カメラボタン タップすると撮影が行われ、ホワイトボードの輪郭が検出されます。

【注意】撮影の際はホワイトボードの板面全体が画面に収まるようにしてください。右上のPLUSロゴが認識できない場合、正しく台形補正ができません。
撮影推奨環境はホワイトボードからの距離がiOSでは3m(最大)、Androidでは2m(最大)、角度左右45度(最大)ですが、条件によって異なります。PLUSロゴの認識が難しい場合は、できるだけホワイトボードに近づいて正面から撮影してください。

輪郭検出画面

① 検出候補選択 撮影したホワイトボードの輪郭検出候補が表示されます。候補が2つ以上ある場合は、左右の矢印をタップして選択します。
② 決定ボタン 検出した輪郭で台形補正を行う場合にタップします。
③ 戻るボタン 撮影モード画面に戻ります。

保存画面

① 補正モード 画像の補正モードをタップで切り替えられます(タップするとすぐに処理を開始します)。
「WBモードで補正」をタップすると、書き込んだマーカーの文字などをよりはっきりと表現します。 「写真モードで補正」をタップすると、マーカーの文字と一緒に貼り付けた資料や写真なども色鮮やかに取り込みます。
② 保存ボタン テンプレートを使用する場合は「テンプレートを切り出して保存」をタップ、テンプレートを使用しない場合は「テンプレートを切り出さずに保存」をタップして保存します。
保存先は新規フォルダ/既存フォルダのいずれかを選択します。
※初めて保存するときは新規フォルダの作成が必要です。
③ 戻るボタン 輪郭検出画面に戻ります。

テンプレートシートの使い方

テンプレートシートはホワイトボードに貼り付けて、会議の「タイトル」、「出席者」、「日付」、「場所」、「重要度」をマーカーで記入することができます。撮影時に「テンプレートを切り出して保存」をタップすると、テンプレートシート上の項目を並べて閲覧することが可能です。

① タイトル(Title) 会議のタイトルを記入します。
② 出席者(Member) 出席者を記入します。
③ 日付 (Date) 日付を記入します。
④ 場所 (Place) 場所を記入します。
⑤ 重要度 (Rate) ☆にマークを付けて重要度を記入します。
※重要度はアプリ上に★の数で表示されます。

【注意】

検索画面

① タイトル検索 検索したいファイルのタイトルを入力します。
※タイトルは「ファイル詳細画面」で登録することができます。
② 検索対象 検索したいフォルダを指定します。
③ 重要度 検索したい★の数を指定します。
④ 日付/撮影日 検索したい期間を指定します。
※日付は「ファイル詳細画面」で登録することができます。
撮影日は自動で登録されます。変更はできません。
⑤ リセットボタン 検索対象、重要度、日付/撮影日の指定をリセットします。
⑥ 検索ボタン 検索を開始します。

検索画面

① 検索結果一覧 検索した結果を「テンプレート一覧」または「サムネイル一覧」で表示します(横フリックで一覧画面を切り替えられます)。
② 重要度 検索結果に対し重要度だけを変更して再検索をすることができます。
③ 検索ボタン 検索画面に戻ります。
④ TOPボタン 検索結果を破棄し、トップ画面へ移動します。

設定画面

① 揺れが止まったら
撮影スイッチ
初期設定ではオフになっています。
スイッチをオンにすると、撮影時にカメラボタンにタップした後、手振れが止まったことを確認してからシャッターを切ります。
※手振れ検出時、撮影モード画面にインジケータで手振れ度合いを表示します。
② アカウント設定 「Evernote」や「Dropbox」のログイン設定を行います。アカウントをお持ちの場合、ユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
③ ヘルプボタン アプリの主な機能と撮影方法が確認できます。
④ 完了ボタン 設定を完了させて、トップ画面に戻ります。
ソーシャルメディア更新アカウント
twitter
TOPに戻る