Home>サポート&お問い合わせ>FAQ>コピーボード製品

FAQ よくあるご質問

N-31、N-314、N-21、N-214、C-21、N-20、N-20J、N-204、F-20、C-20共通

C-21/C-20シリーズ

N-31、N-314、N-21、N-214、C-21シリーズ

N-31、N-314、N-21、N-214、C-21、N-20、N-204、F-20、C-20共通

Macには対応していますか?

下記の場合にはお使いいただけます。

  • USBケーブル接続によるデータの保存、閲覧
  • ネットワーク経由によるデータの保存、閲覧、および本体設定
  • C-20の合成保存用ソフトウェアはWindowsにのみ対応となりますので、お使いいただけません。

ネットワークの設定方法を教えてください。

ネットワークの設定には、ボード本体にIPアドレスを付与してボード内部のストレージを閲覧する方法、もしくはネットワーク上にあるFTPサーバ内にボードからのデータを転送する方法との2つがあります。どちらかをご選択ください。

  • N-31/N-314シリーズでは、専用ICカードによるFTPサーバー転送や、本体内蔵メモリやFTPサーバー上のフォルダ保存をテンキー入力により選択することが可能です。

ネットワーク設定の際に必要なMACアドレスの確認方法を教えてください。

取扱説明書のネットワーク設定方法「ネットワーク簡易設定(USB経由)」をご覧になり、設定用ファイル「setting.ini」に予め入力されているMACアドレスをご確認ください。テキスト形式のファイルをパソコンのメモ帳などのアプリケーションで開くと内容を閲覧できます。

ネットワーク設定は購入時に依頼できますか?

対応しておりません。ネットワーク環境に応じてお客様ご自身で設定をお願いいたします。

ネットワーク設定をした場合、ネットワーク上にあるプリンタに直接出力することは可能ですか?

N-31/N-314/N-21/N-214/C-21シリーズではBMLinkS対応のネットワークプリンタから印刷可能です。
N-31/N-314/N-21/N-214/C-21シリーズ以外の機種は、ネットワーク上のプリンタに直接出力することはできません。一旦パソコンに保存していただき、パソコンからネットワーク上のプリンタに出力してください。

  • N-31/N-314シリーズではBMLinkSプリンタの「機密印刷機能」も利用可能です。「機密印刷」とは、設定したパスコードを入力するまで印刷を出力せずプリンタに留め置く機能です。

ネットワーク設定をしたコピーボードやFTPサーバ上に複数のフォルダを作成することはできますか?

複数のフォルダを作成することはできません。

  • N-31/N-314シリーズでは本体内蔵メモリやFTPサーバー上に複数の保存先を最大100カ所まで作成できます。

コピーボード本体の電源をオフにしている場合でも本体内のデータはネットワーク経由で確認できますか?

確認できます。電源コードがコンセントに接続されていれば、コピーボード本体の電源をオフにしていても待機電力によりデータを確認することが可能です。

無線LANには対応していますか?

ネットワークボードは無線LAN機能を搭載しておりませんので、有線LAN接続にてご使用ください。

  • 市販の無線LANコンバーター等を使用してネットワークボードを無線LAN化されるご使用方法については、電波を使用する特性上、距離や障害物の影響による伝送速度の低下、また同一周波数を使用する機器の電波干渉の影響を受ける事があるため、ネットワークボードの動作を保証することが出来ません。
    万一、無線化を行う場合は、お客様の責任において事前に十分な確認、評価を行いご使用環境下において、満足する性能が得られるか否かご判断いただきますようお願いします。

壁掛け設置はできますか?

F-20以外の機種では設置可能です。但し、壁面によって設置が出来ない場合もございますので事前に販売店にお問合せください。

マーカーは、付属品以外の他のマーカーでも使用できますか?

シート面を常にきれいに保つため、弊社純正の専用マーカーをご使用ください。
消耗品一覧ページへ
消耗品は本体をご購入いただいた販売店にてお買い求めください。

イレーサーは、付属品以外の他のイレーサーでも使用できますか?

シート面を常にきれいに保つため、弊社純正の専用イレーサーをご使用ください。
専用イレーサー ER-44369(44-369) メラミンタイプ
メラミン替スポンジ(10個セット)(44-698)
専用イレーサー BF-035SA(51-058)
消耗品は本体をご購入いただいた販売店でお買い求めください。
VISIONダイレクトショップからもお求めいただけます。

本体アップデートとは何ですか?

コピーボード本体を制御しているプログラムソフトウェア(ファームウェア)のバージョンを更新することです。最新のファームウエアは弊社のホームページ「本体アップデート」からダウンロードし、USBケーブルによりお客様ご自身で設定していただくことが可能です。

(例えば、新しい対応プリンタに買い替えた場合やスマートフォン対応の設定をする場合などに必要となります。)

シートを手送りさせることにより板面のスキャンをすることも可能ですか?

手送りでデータを読み込むことはできません。板面のスキャン時には印刷/保存ボタンを押して電動で読み込む必要があります。

専用のソフトウェアをパソコンにインストールする必要はありますか?

コピーボードの板書を取り込み閲覧・本体設定をするための専用ソフトウェアは不要です。
※C-20では合成保存用ソフトウェアのインストールが必要です。

印刷ボタンを押すとシート送りが途中で止まり「E1」というエラー表示が出るのですが。

プリンタのスタンバイ状態に問題がある可能性があります。以下項目を再度確認してください。

  • プリンタの電源が入っていますか?
  • プリンタの電源ケーブルの接続を確認し、電源がONになっている事を確認してください。
  • プリンタのUSBケーブルがきちんと接続されていますか?
  • USBケーブルをコピーボードやプリンタのLANポートに誤って接続している場合があります。コピーボードのUSBポートへの接続を確認してください。
  • プリンタのUSBケーブルは付属のものをお使いいただいていますか?
  • プリンタは付属のUSBケーブル1.8mタイプを使用して接続してください。2mを超える長いケーブルではプリンタが正常に動作しないことがあります。
  • プリンタのインジケータが異常な点滅をしていませんか?
  • プリンタのインク切れ等の可能性があります。プリンタ取扱説明書の指示に従って改善してください。
  • プリンタ前面の排紙トレイは開いていますか?
  • 排紙トレイを閉じた状態では印刷操作ができません。
  • プリンタの用紙カセットは適切な位置に取り付けられていますか?
  • 用紙カセット底面にケーブルの束などが緩衝する等の障害により、適切な位置にセットされていない場合があります。ケーブルがプリンタトレイのボックスからはみ出さないように収納してください。

プリンタトレイを正面から見て右側に設置することはできますか?(F-20を除く)

できません。別途、スタンドセット(プリンタトレイ無し)とキャスター付きプリンタワゴンとをご用意しています。

テンプレートシート、クリアシートの貼付はできますか?

現在取扱中のオプション「N-31/N-21/N-20/F-20コピーボード専用テンプレートシート」は対応機種に限りお使いいただけます。
従来仕様のテンプレートやクリアシートを貼ると、読み取りの際にはがれて故障につながる恐れがありますのでお止めください。

イレーサーで消しても汚れがとれないのですが?また、長期間の使用でシートが黒ずんできました。クリーニング方法を教えて下さい。

シートが汚れたときは、水で濡らした後よく絞った布を用意し、シート面をなでるように水拭きしてください。
水拭き後はシートが完全に乾いてからご使用ください。なお、ウエットティッシュ、OAクリーナー、ガラスクリーナー、有機溶媒は、シート面を劣化させるため、絶対に使用しないでください。シート表面のコーティング剤がはがれ、その上に汚れが広がることになり、マーカーで書き込み出来なくなる恐れがあります。

オプションでホワイトボードクリーナー(シートタイプ) WCL-423418 (423-418)もご用意しております。
VISIONダイレクトショップからもお求めいただけます。

イレーサーが真っ黒になり、消えなくなってきたのですが?

専用イレーサーER-44369(44-369)の場合は、メラミンスポンジの4面をお使いいただけます。全面が汚れた場合は、替スポンジ(44-698)とお取り替えください。
専用イレーサーBF-035SA(51-058)の場合は、裏返して両面をお使いいただけます。両面とも汚れた場合は水で洗い流した後、よく乾燥させてからご使用ください。

シート面に磁石や再剥離可能な付箋紙(ポスト・イットなど)を貼り付けることはできますか?

シート面にマグネットを貼り付けることは可能です(N-20Jを除く)。付箋紙などについては、シート送りの際に巻き込まれて故障する可能性がありますのでおやめください。

保証期間について教えてください

コピーボード本体の保証期間は、ご購入日から1年間です。インクやマーカーなど本体に付属する消耗品は、保証対象外となります。

保証書を紛失してしまいましたが、再発行はできますか?

原則として再発行はしておりません。「お客様登録」をされている場合は、保証書を紛しても保証期間内は無償修理いたします。弊社お問合せセンターまでご連絡ください。

年間を通じた保守契約サービスはありますか?

年間保守サービスは行っておりません。

海外で使用できますか?

日本国内でご購入された商品は、サポートも国内のみとなります。海外でご使用の場合、海外の販売代理店よりご購入ください。海外の販売代理店に関しましては、弊社販売代理店サイトより代理店を探して頂き直接お問合せ頂くか、弊社お問合せセンターまでお問合せ下さい。
http://www.plus-vision.com/en/buy/index.html

買い替えの際、古いコピーボード(電子黒板)の引き取りや廃棄には対応していますか?

ご購入いただいた販売店へご相談ください

コピーボード(電子黒板)を廃棄したいのですが?

ご購入いただいた販売店へご相談ください

C-21/C-20シリーズ

合成保存の仕組みを教えてください。

パソコンにインストールされた合成保存用の専用ソフトウェア上で投影画面のキャプチャー画像と、ボードにマーカーで書かれた板書データとを合成します。

<合成手順>

  • キャプチャーボードにプロジェクタ投影した画面上やシート上にボードマーカーで自由に書き込む
  • C-20専用ソフトウェア(C-20 Software)を起動し、画面四隅に表示される位置合わせマーク(○)をマーカーでなぞる
  • パソコンとキャプチャーボード本体をUSBケーブルにより接続し、C-20 Softwareの「合成」ボタンをクリック
  • 合成された画像が表示されたら「保存」ボタンをクリックし、ファイル名を付け画像形式を選択して保存する

専用のソフトウェアをパソコンにインストールする必要はありますか?

プロジェクタ投影画面と板書データを合成保存するための専用ソフトウェア(C-20 Software・Windows対応)のインストールが必要です。

Macには対応していますか?

プロジェクタ投影画面と板書データを合成保存する専用ソフトウェアはWindowsにのみ対応となりますので、Macではお使いいただけません。
下記の機能はMacでもお使いいただけます。
・USBケーブル接続によるデータの保存、閲覧
・ネットワーク経由によるデータの保存、閲覧、および本体設定

合成画像をその場で印刷したり、USBメモリへの取り込むことは可能ですか?

パソコン上で合成した画像をそのままキャプチャーボードに接続しているプリンタから出力することが可能です。(キャプチャーボードに接続しているプリンタのドライバをあらかじめパソコンにインストールしておく必要があります。)
USBメモリに取り込むことはできません。

投影するプロジェクタはどのメーカーのものでも使えますか?

VGAやHDMI等による有線接続をしている機種であれば、どちらのメーカーのものでもご使用いただけます。(無線経由での画像転送には対応しておりません)

プロジェクタで投影できるサイズは何インチですか?

プロジェクタ投影サイズは最大60インチです。(上下5mmずつ隙間を開けた場合)

データの大きさはどれ位ですか?

合成された画像サイズはJPGで約300KBです。

N-31、N-314、N-21、N-214、C-21シリーズ

本体/プリンタ設定のボード本体「端末名」は何に使用するものですか?

本体内蔵メモリに保存したデータを閲覧するにはブラウザのアドレスバーにコピーボードのIPアドレスを入力する必要がありますが、DHCP使用時にはIPアドレスが変更されるため、ここでIPアドレスに対応した名前を設定することができます(初期値には「“機種名”-“MACアドレスの下6桁”(例:N31-ABCDEF)」が表示されています)。 ※端末名は他のコピーボードと重複しないように設定してください。

BMLinkS印刷のプリンタ設定手順を教えてください。

設定手順は各プリンタメーカーにより異なります。下記をご参照ください。

プリンタメーカー別BMLinkS機器設定方法(PDFファイルが開きます。)

キヤノン株式会社
コニカミノルタ株式会社
シャープ株式会社
富士ゼロックス株式会社
株式会社リコー

本体/プリンタ設定のBMLinkS「プリンタポート」には何を設定すればよいですか?

印刷する先のプリンタのBMLinkS印刷に使用するプリンタポートの番号を設定します。コピーボード設定画面でプリンタのIPアドレスを入力後、プリンタポート欄は「空白」にして設定ボタンを押すと、プリンタポート番号が検索されて自動的に入力されます。

  • キヤノン製機器の一部で、この方法では正常に印刷されない場合があります。詳しくは、メーカー別BMLinkS機器設定方法にてご確認ください。
    但し、プリンタ側でポート番号を初期設定から変更されている場合は、自動検索することができません。この場合はプリンタのBMLinkS設定画面をご確認いただき、指定されたポート番号をコピーボード設定画面のプリンタポート欄に入力してください。
  • パソコンからプリンタのプロパティで確認できる「標準TCP/IPポート」の番号とは異なります。

本体/プリンタ設定のBMLinkS「部門コード」には何を設定すればよいですか?

プリンタの機能により部門管理をされている場合は、コピーボードを使用する部門のコードをここに入力しておくと部門管理ができます。プリンタ側に部門管理機能がない場合や、部門管理を行っていない場合は、部門コード欄は「空白」のまま設定してください。

「BMLinkS機密印刷」とは何ですか?(N-31/N-314シリーズ)

コピーボードからの印刷データを出力せずにプリンタ側で留め置き、設定したパスコードを入力した時点で出力する機能です。

  • 「機密印刷機能」にはN-31/N-314シリーズより対応しています。

「BMLinkS機密印刷」の設定方法を教えてください。 (N-31/N-314シリーズ)

コピーボードの「ネットワーク設定」-「本体/プリンタ設定」画面で機密印刷を「有効」にし、機密印刷ID(コピーボードを識別するためのID)を設定します。機密印刷IDは半角英数字8文字以内(大文字小文字を区別します)で設定してください。
コピーボードの「ネットワークプリント」を押すとパスコード(開始キー)入力を求められますので、テンキーで任意の2桁の数字を指定してエンターキーを押します。プリンタにデータが蓄積されますので、プリンタの印刷手順に従って印刷するデータを選択し、設定したパスコード(開始キー)の頭に「00(ゼロ2桁)」を付けて入力するとプリントが出力されます。

  • 「機密印刷機能」にはN-31/N-314シリーズより対応しています。
サポート&お問い合わせ